30代転職・トップへ戻る >  コンサルティング関連

コンサルティング関連

コンサルタントとは、企業経営・管理の技術などについて、
診断・助言・指導をする専門家のことです。


どんな業種に対してもなどアドバイスを受けることがあるので、
各方面にわたり多様な種類のコンサルタントがあり、仕事の幅は広くあります。
またアドバイザーという職もあります。


企業の中で、職員(部門)として雇用する場合もあれば、
得意分野をもつプロを集めたコンサルタント会社と契約することもあります。
ある特定の業種に対して深い知識を持っていなければならず、
常に最先端の知識と経験と、学び続ける姿勢がいります。


プロジェクトマネジメント能力・プロジェクトマネジメント能力・
プレゼンテーション能力が必要とされます。


以下、様々なコンサルタントの種類を書きますが、
呼び名が決まっているわけではないのですが、
おおよそこのような種類で求職されています。


仕事の内容も同じようなものもあります。


◆ITコンサルタント
IT企業の業務・組織において、技術的な観点から企業の課題に対する
解決策を提供する。企業の業務内容やシステム用件を理解して、
インフラ・通信ネットワークなどのシステムを最適な状態にする。
システムコンサルタントとも呼ばれる。

◆テクニカルコンサルタント
IT・システムなどとほぼ同じ内容の職であるが、
システム導入後の運用サポートやアップグレードのサポートなどを行う。

◆金融コンサルタント
金融に関するアドバイザー。企業価値の評価や株の価格算定、
財務分析補助、業務監査などを行う。

◆会計コンサルタント
仕事内容は非常に幅広く、創業支援や助成金関連業務、
継続的に企業と契約し、経理代行、会計処理代行、総務事務代行などの
一般事務的業務も行う。

◆経営コンサルタント
企業の経営相談に乗って、問題解決の支援をする。
経営戦略など企業経営全般に関する相談業務を行なう。

◆戦略コンサルタント
経営ビジョンを睨んで、経営戦略に関するアドバイスを行う。
金融融機関のリスク管理などにも関わる。

◆人事コンサルタント
人と組織の分野を中心として、企業または部門・部署の変革・改革を支援する。
企業の人事部から転身する人が多く組織を活性化させる仕事。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報