30代転職・トップへ戻る >  旅行・貿易関連

旅行・貿易関連

国際化が進んだ昨今、日本は貿易大国です。
輸出量、輸入量ともに年々増加の傾向にあり、物資だけでなく
人の出入りも多くあります。


関連のある職種、資格などの説明

下記の資格は【生涯学習のユーキャン】の講座で

◆通関士
貿易業界で唯一の国家資格。財務省が管轄している。
輸出入者に代わって、海外から飛行機や船で届いた荷物を、
国内の市場に受け入れるための申告・検査・関税納付・許可といった
通関手続きを行う。

手続き代行業務のほか、税関処理に問題があった場合の
「不服の申し立て」や「主張・陳述」の代行なども行う。

日本の年間輸出入の申告件数は、年々増加しており、
通関士のニーズはこれからも高まる傾向にある。

◆旅行管理者
正式には旅行業務取扱管理者という。
旅行者のニーズに合った旅行を提供するため、
企画やセールス、添乗までをトータルプロデュースする仕事。

「総合旅行管理者」は、国内及び海外旅行を取り扱うことができ、
「国内旅行管理者」は、国内旅行のみを取り扱う。

◆ツアーコンダクター
添乗員ともいう。旅行会社のパッケージツアーや手配した団体旅行に同行し、
計画に従ってツアーが安全かつ円滑に施行されるように、
交通機関や各種施設との調整や対応を行って行程を管理する。
またツアー客に対する説明や窓口役となる業務を行う。

対外調整力や折衝力、また情報収集能力や接客力が求められる職種で、
海外旅行業務では語学力が必要となる。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報