30代転職・トップへ戻る >  司法・法務・行政関連

司法・法務・行政関連

国や公共団体の機関が業務を行うことを行政といい、
職員を公務員といいます。広く再就職者も募集していますが、
試験制度があり、まず公務員試験を受けなければいけません。


また行政には、立法・司法は入りません。
弁護士や裁判官などは公の職業ですが公務員ではなく、
司法・法務関係に分けられます。


関連のある職種、資格などの説明

下記の資格は【生涯学習のユーキャン】の講座で

◆弁理士
特許庁における手続を代行する仕事。
その内容は、特許、実用新案、意匠もしくは商標など。
特許の弁護士ともいわれる。

◆行政書士
行政機関に提出する許認可申請書類等や契約書・遺言書等の
「権利義務、事実証明に関する書類」の作成・代理などの法律事務を業とする者。
またはその資格のこと。行政書士法に基づき資格試験が行われる。

◆社会保険労務士
社会保険や労働保険(健康保険・厚生年金保険・労災保険・雇用保険)の
手続きを個人に代わっておこなったり、会社に対して労務管理について
相談・指導する職業。社会保険労務士法に基づき厚生労働大臣が実施する
国家資格試験に合格し、社会保険労務士名簿に登録された者。

◆司法書士
裁判所・検察庁・法務局又は地方法務局に提出する書類の作成や登記又は
供託手続きの代理をする職業。書類関係や、手続きが複雑化している中で、
身近な法律家として、重要な職業。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報