30代転職・トップへ戻る >  会計・財務・経理・金融・保険

会計・財務・経理・金融・保険

会計とは金銭や物品の出納を記録、計算、管理すること。
企業会計と官庁会計がある。


財務とは、企業が資金を調達する方法と、調達した資金を運用する方法のこと。
経理とは、会計や給与に関する事務を行うこと。 
どこの企業にもこれらの職務を担当する専門職員が必要です。


信頼が一番なのでキャリアが重要です。
また保険や金融には新規事業が多く専門知識も必要なので、
幅広く人材が求められています。

↓人気の転職サイト
株式会社リクルートエージェント

関連のある職種、資格などの説明

下記の資格は【生涯学習のユーキャン】の講座で

◆公認会計士
公認会計士法による国家資格。監査及び会計処理を認められた専門職種。
日本では、公認会計士や弁護士が税務を行う場合は、税理士の登録を
行わなければならない。

◆税理士
税理士法に定める国家資格。税理士登録資格をもつ者のうち、
税理士会に税理士登録をした者を税理士という。
各種税金の申告・申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する
不服審査手続き等を行う業務。

◆ファイナンシャルプランナー
個人の資産運用・金融に関する総合的なアドバイスをする職業。
個人から、収入・借り入れ・家族構成・資産などの情報をうけ、
それを基にライフプランに即したファイナンシャルプランを作成したり
アドバイスしたりする。

◆証券アナリスト
証券投資の分野で、情報の分析とアドバイスを行う。
様々な投資の意思決定に影響を与える仕事で、高度な専門知識と分析技術が必要。
企業分析、資産管理・運用、金融商品開発といった多分野で活躍が期待できる職業

◆建設業経理事務士
建設業の経理に関する知識と処理能力の向上を図ることを目的として得る資格。
建設業界特有の経理知識や処理能力が必要。公共工事の入札の際、
2級以上の建設業経理事務士がいると、経営事項審査の評価が変わるため、
建設業界で仕事をするうえでは大切な資格。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報