30代転職・トップへ戻る >  外資系の仕事

外資系の仕事

資本(株式)が日本以外の国の会社によって持たれている会社のことです。
外資の株式比率が何パーセントということが決められているわけではないので、
資本が少しでも外国資本が入っていれば外資系といえます。


なんといっても、語学のスキルが重要で、日本の年功序列のシステムとは
全く違った社風もあり、給与面でも魅力的なところがあり人気があります。
製薬、食品、銀行、保険など他業種にあります。


また、国内企業が経営戦略によって、買収、合併などを行い外資が入ってくる
こともあります。職種が幅ひろいので、必要とされる資格や職種は、
日本の企業と変わりません。


あと、全く別の話となりますが、外資系の企業で働いているサラリーマンは
給料が高くて安定した職業と思われやすいのか、合コンなどで女性から見て、
もっとも人気の職業のひとつであるというデータも出ていましたね


なんの雑誌なのかは忘れましたが、雑誌以外でも女性が付き合いたい、
結婚したい男性の職業で毎回、トップらへんに出てきます。


ただ、これも時代と供に変動するので、5年後、10年後には、
どうなっているのか全く予想はつきませんが・・・


10年以上前は銀行員がスゴイ人気だったのにいまでは全然ですからね。
これからは公務員もリストラが進むと言われているので、公務員も人気が
前より無くなる可能性もあります。

↓人気の転職サイト
株式会社リクルートエージェント

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報