30代転職・トップへ戻る >  営業職の仕事

営業職の仕事

営業職とは物品やサービス、情報を売り、営利に結びつける仕事のことです。
販売を主な業務としますが、企画や調査、顧客サービスなどの形にならない
仕事もあります。


非常に幅が広いので、職務経歴書では実績をきちんと伝えなければ、
自分のキャリアや実力がわかりにくいところです。
営業職には多様な要素が含まれているため、企画や宣伝などと、
具体的に職所を区切っている企業もあります。

↓営業職にも強い転職サイト
株式会社リクルートエージェント


関連のある職種、資格などの説明


下記の資格は【生涯学習のユーキャン】の講座で

◆TOEIC
英語力を点数にして表す試験。
英検・TOEFLなどと比べて実践的な力が必要とされる。
受験回数を重ねてスコアアップを狙い、
常に即戦力としての英語力を養っておくことが必要。

◆中小企業診断士
中小企業支援法に基づいて経済産業大臣が登録する資格で
中小企業の経営課題に対して、診断・助言を行う専門家のこと。

◆宅地建物取引主任者
地建物取引主任者資格試験に合格し、都道府県知事に登録する。
宅地・建物の売買や賃貸の契約を締結する際に重要事項の説明する。

◆ビジネス実務法務検定試験
業務に関して必要な法律と実務知識を習得する。
ビジネス活動をめぐるトラブルに対処できるように、
各種の法律ルールの理解を身につけ業務能力の向上を目指す資格。

◆簿記
企業や個人事業における取引を、一定のルールに従って記録したり、
計算したり、集計したりする技術で、財務諸表といわれる書類を作るための
一連の帳簿記入の手続きをする。経営成績と財政状態を明らかにするために必要。

◆日商簿記検定
簿記検定試験には、日商(日本商工会議所主催)と
全商(全国商業高等学校協会主催)、全経(全国経理学校協会主催)
の3種類があり、最も権威のある検定試験は、日商簿記検定といわれている。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報