30代転職・トップへ戻る >  クリエイティブ関連

クリエイティブ関連

クリエイティブとは、広告業界などにおいて
「制作物」「制作者」などの意味で使われていますが、
本来は創造的・独創的である、才能があるという意味があります。


クリエイターとは、そういった作品を創造する人で、アーティスト全般を指し、
広告業界でよく使われている言葉です。洋服のデザイナーや雑誌編集者など、
芸能に近い業種でしたが、インターネットやモバイルの発達により、
コンピュータグラフィックスを制作する仕事など、
職種も広がり活躍の場が増えているカテゴリーです。


関連のある職種、資格などの説明


◆グラフィックデザイナー
ポスター広告や雑誌広告などの媒体で、構図や色、デザインを組み合わせて、
視覚的なメッセージを作る技術者。

◆イラストレーター
雑誌や新聞などに挿入されるイラストを描く職業。
資格は必要なく、絵を描く技術を学び実務経験を積む。

◆WEBデザイナー
発注者が望むホームページのデザインを企画・制作して美しく見やすい
ホームページを作る技術者。情報発信手段としてホームページが
重要視されるようになり需要が多い。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報