30代転職・トップへ戻る >  建築・土木・不動産関連

建築・土木・不動産関連

建築、道路、トンネル、橋、ダムなどの工事に関係する事業と、
それらを扱うサービス業務があります。


建築に関しては、公共事業を中心に、建設不況といわれていますが、
大都市を中心とした再開発や、マンション建設の需要もあり、
人材のニーズがあります。仕事の幅は広く、取得できる資格も数多くあります。


関連のある職種、資格などの説明


◆建築士
建築物の設計・管理を行う業務。またはその資格のこと。
1級、2級があり設計できる建物に制限がある。

◆インテリアコーディネーター
住む人の好みやライフスタイルなどを聞き、インテリア商品の選択や
アドバイスを行う職業。

◆宅地建物取引主任者
不動産取引の際の権利関係、物件の状態、代金の支払い条件などの
重要事項の説明をする業務。

◆CADオペレーター
建築・設備・土木・機械などの設計者が作成した原図を
CADというコンピュータシステムを使って製図し設計図を作成する技術者。

◆プロダクトデザイナー
重・軽工業製品のデザインをする職業。
プロダクトデザインはよりメカニカルの比重が重く、
より工業的なデザインをインダストリアルデザインという。

◆インダストリアルデザイナー
工業製品のデザインを手がけるデザイナー。
量産・量販のシステムによって社会に送り出される製品を指す
プロダクトデザインの中でも、自動車や機器などメカニカルなものを
企画デザインする仕事。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報