30代転職・トップへ戻る >  流通・販売・サービス関連

流通・販売・サービス関連

物が売れない時代になっています。
しかし売るものというのは形ある物だけではなく、
サービスに価値があるということが認められてきています。


形のないものに価値を見出すためには、流通に携わるプロの力が求められます。


関連のある職種、資格などの説明


◆スーパーバイザー
主に流通業界において、売れ筋商品や在庫情報を分析し、
消費者のニーズを把握する人。

◆マーチャンダイザー
商品の調達を基本業務として、
商品化計画を立てるための市場調査や販売活動をサポートしていく仕事。
素材メーカー、アパレルメーカー、小売店の3種類ある。

◆キャリアカウンセラー
個人の興味、能力、価値観、その他の特性をもとに個人にとって
望ましいキャリアの選択・開発を支援するキャリア形成の専門家。

◆販売士
プロの販売員。顧客のニーズを的確に捉え、豊富な商品知識や顧客に
配慮した接客技術をもち、ニーズにあった商品を提供するとともに、
商品の開発や仕入、販売、物流などを効率的に行う。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報