30代転職・トップへ戻る >  医療・福祉・介護関連

医療・福祉・介護関連

高齢化がすすみ、介護・福祉に携わる専門職が細分化し、
社会的ニーズが高まっています。将来性のある職種として人気があり、
資格の種類も多くあります。


基本的にはサービス業なので、利用者の気持ちをきちんと理解できる能力、
コミュニケーション能力が必要です。また人と関わる分野ですので、
人間的な魅力が必要です。

↓医療分野を中心とした人材紹介サイトです。
カンゴジョブ

↓看護士・ナースの求人・転職情報サイトです。
看護師のお仕事紹介【ナース人材バンク】


関連のある職種、資格などの説明


◆看護師
保健師助産師看護師法で定められた療養上の世話、又は診療の補助を行う職業。
厚生労働大臣の免許が必要。

◆薬剤師
薬剤師法により調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、
公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するもの。

◆歯科助手
歯科治療以外の歯科の業務全般を行う。
治療のアシスタント、受付業務、カルテの情報整理などを行う。

◆医療事務
病院や診療所など医療の現場で、受付窓口や患者のカルテ管理、
健康保険点数の算出、医療保険の支払い機関に提出する診療報酬明細書の
作成をする職業。またその資格のこと。

◆ホームヘルパー
介護を必要とする家庭を訪問し、食事や入浴、着替えの介助等、
身の回りの全てにわたる手助けを行う職業。

◆介護福祉士
社会福祉士及び介護福祉士法に基づき、
身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに
支障がある者につき入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、
並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者

◆福祉住環境コーディネーター
高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザー。

◆ケアマネジャー
要介護者等からの相談に応じ、適切な在宅サービスや
施設サービスを利用できるように公的機関との連絡調整を図り、
自立した日常生活を営むのに必要な専門知識を有する者

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報