30代転職・トップへ戻る >  いろいろな種類の履歴書

いろいろな種類の履歴書

履歴書に所定の用紙が指定されていない場合は、
市販のものを使ったほうが無難です。


会社によっては知りたい経歴などが具体的にあるかもしれませんので、
指定がないか確認しましょう。履歴書には「新卒者用」と「転職者用」が
あります。


新卒者用には学校での生活を知るような内容の欄があり再就職者には不要です。
転職者用のほうには職歴欄や保持資格など、自分を売り込むために書き込む欄が
ついています。


内容が少しずつ違ったものがありますので、よく吟味してみてください。
就職情報誌の付録や、パソコンからダウンロードできるものもありますが、
一般企業では、ちゃんと選んで購入したものの方が好感がもたれます。


またワープロで書き込める履歴書というのもあるのですが、
基本的には自筆で書き込みましょう。自筆というのは人となりが表れるので、
手馴れた採用官には判断材料として適切なものなのです。


応募要項に「形式自由」とされているならばパソコンスキルをアピールするために、
ワードなどで自作するのも良いかもしれません。

PCで作成するのに簡単な手順も紹介していますので、
そちらを参考にして下さい。
履歴書・職務経歴書の簡単作成


しかしあくまで一般常識ではなく「アピールポイントとして」を
強調しておいたほうが確実でしょうね。履歴書の用紙は文房具店や書店で
販売しています。


最近はコンビニにも置いてありますが、くれぐれも「転職者用」の方を
探してください。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報