30代転職・トップへ戻る >  履歴書・職務経歴書とは?

履歴書・職務経歴書とは?

転職に必要な書類は主に2つあります。「履歴書」と「職務経歴書」です。


まず就職したいと思ったときに、いきなりその会社に訪ねていっても
普通は会ってもらえません。採用側が書類選考を行います。


「履歴書」とは、転職に限らず、パートでもアルバイトでも、
自分の経歴を相手に知らせるために書く書類のことです。
文章作成というのは、能力が必要ですから、まず一般常識をみることができます。


・応募者が、どの程度の意欲をもって応募するのか、が伝わること。
・社会人としての常識をわきまえているかということ。


読みやすい字であることや誤字脱字がないことなどは常識です。
学生の場合、知っておかなければいけない常識とこれから育てる部分がありますから
面接を重視することもあるでしょう。


しかし、再就職者の場合はまず一般常識がないということは
即戦力になりませんから、書類選考というのは目安としてとても重視されます。
「採用側に読まれることを意識している」ということを分からせないといけません。


「職務経歴書」とは、今までの職業経験をまとめたものです。
「再就職です」ということを明かしているわけですから、
今までのキャリアを伝えてプラス要素にしていただかなければいけません。
持っている資格や勉強中のものも伝えておくとよいでしょう。


逆に言うと、無理して自分の力の及ばない職場を選んでも、
入社後の苦労は目に見えています。自分の知識と経験を正しく
伝えなければいけません。


いわば、再就職の面接は「お見合い」なわけですから、採用側だけでなく
ことらとしても十分に納得ができなければいけませんので、
そのうえで知識と経験をあらかじめ伝えておかないと、
無駄な面接に及ぶ可能性もあります。


断られたとしても、相性が合わなかっただけのこと。
相手も即戦力を求めているわけですし、こちらとしても無駄な面接に及ぶ手間が
省けたと思うくらいでちょうど良いのかもしれません。


「履歴書」と「職務経歴書」ともに、正式なビジネス文書なので、
記入方法にはルールがあります。

履歴書や職務経歴書についてはPCで必要項目を記入して
カンタンに作成する事もできます。

履歴書・職務経歴書のカンタンな作成手順


 

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報