30代転職・トップへ戻る >  話題作りの工夫

話題作りの工夫

「木戸にたちかけさし衣食住」という諺のような文句を
聞いたことがありませんか?これは就職活動だけにあらず、
困ったときのお役立ちアイテムです。


常に用意しておくと会話の時に困りません。
しかし、相手と状況によって内容をチョイスする余裕は持っていてください。
時と場合・・・が大人の人間関係ではとても大切なのですから。


キ・・・気候
ド・・・道楽(趣味の話)
ニ・・・ニュース
タ・・・旅
チ・・・知人
カ・・・家族
ケ・・・健康
サ・・・酒
セ・・・性(恋愛、結婚)
シ・・・仕事、出身地
衣・・・衣類
食・・・食生活
住・・・住居環境


面接官、人事担当者から分からないことを聞かれたとき


分からなかったこと、知らなかったことは、きちんと問い直しておきましょう。
あなたが再就職者だということで、それなりの知識を持っているとした前提で、
わざと難しい質問をされることもあるでしょう。


少しでも好条件で、自分を上位に見せたいでしょうが、
ここで無理をすると取り返しのない苦労が待っているかもしれません。


また、相手はわざと答えにくい質問をしている可能性もあります。
一旦落ち着きましょう。自分の言葉に置き換えて、出来るだけ失礼のないように
砕いてから意味の分からなかったことを問い直してもかまいません。


人事担当者や面接官の好みにもよりますが、最初っから厳しめに見極めておこうと
考えている人もいますからね。


しかしそういった厳しいトコロほど、信頼度も高い企業ということも多いので、
がんばって乗り切りましょう!わからないトコロは素直に聞きましょう!

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報