30代転職・トップへ戻る >  言葉使いを気をつける

言葉使いを気をつける

社会人の一般常識としてつまずきやすいのが「敬語の使い方」です。
日本語では相手への敬意の表し方によって、尊敬語・謙譲語・丁寧語の
3種類に分けられます。


・一番目上の人に使い、自分をへりくだって使うのが「敬譲語」
・話し相手を待遇するときに使うのが「尊敬語」
・敬意を表して丁寧に話すのが「丁寧語」


日常会話の中で、すべてをスマートに使いこなせなければいけないのではなく、
まず間違えてはいけない場面を理解しておかなければいけません。


「わが社の社長」と「取引先の部長」では、どちらが目上なのか?
ということです。もちろん自分と相手との立場の差を瞬時に判断しなくては
ならないので、経験が必要です。


そのためには、常に年齢や見た目で判断することなく、
また相手の話し方に左右されることがなく、丁寧な言葉使いを心がけるように
しておけば、大きな失敗をしなくても済みます。


敬語にはきまったルールがありますが、言葉の使い方というものには、
心からの気持ちが伝わるものです。


普段から、家族、親しい友人などの特別な人意外には、
大人としての言葉使いで接しておくべきです。


敬語の使用法について


◆謙譲語・・・自分がへりくだる言葉


?@「〜していただく」
例:聞かせていただく、見せていただく、(自分の動作)
お越しいただく、ごらんいただく(相手の動作) など。

?A「お〜する」
例:お持ちする、お聞きする、お渡しする など。

?B「ご〜する」
例:ご案内する、ご返事する など。

◆尊敬語・・・相手を敬う言葉使い


?@「れる」「られる」をつける
例:来られる、行かれる、聞かれる、話される など。

?A「お〜になる」
例:お持ちになる、お読みになる、お書きになる、お聞きになる など。
注意:「お〜になる」「お〜する」は間違って使われることの多い言葉です。
「お待ちしてください」は間違いです。

?B「ご〜になる」
例:ご入学になる、ご病気になる、ご視察になる など。

?C「お+形容詞、形容動詞」
例:おきれい、お優しい、お早い など。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報