30代転職・トップへ戻る >  面接官が見る第一印象

面接官が見る第一印象

自分の表情をよく研究しましょう。
人に会った時の第一印象を後から考えてみると、顔のパーツであったり、
体格だったりファッションだったりするのですが、
実はその時の表情やしぐさも大変重要なポイントです。


ニコニコといつも笑顔でいる人が、じつは冷たい一面があったとか、
無表情な人がとても親身になって相談に乗ってくれるなど
印象と実像は違うものです。


本当の価値とは違うことがわかっていながら、自分の印象をいかによく作れるか、
というのは努力が必要だということを面接官もわかっています。


こと会社の面接など、第一印象で結果を出さなければならないということは、
社会人として外で人と会うときの基本スキルと見られているわけですから、
自分をデコレーションする技術というのも大変に必要なものです。


作りすぎた満面の笑みは、押し付けがましい印象を与えますので、
少し抑え気味のやわらかい笑顔を作るようにします。
笑うのではなく、唇の両端を上げておく、目じりの力を少し抜く、
程度の柔らかさです。顎は引き気味に。そういう作った表情を
鏡で研究しておくことも大切です。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報