30代転職・トップへ戻る >  人と会う時の視線

人と会う時の視線

面接に限らず、ハローワークなどでの相談所においても、
また偵察などで相手の会社に入る機会があったとしても、
家の外に出ると多くの人に出会います。


またうまく面接まで持ち込んだときには、かなり緊張した状態で
多くの人に接することになります。


歩いているとき、話しているときに、視線が定まらずキョロキョロして
しまうのは大変落ち着きがなく見えます。深呼吸でもして落ち着きましょう。


相手のことが気になる、興味があるとなるというなら、
逆に極力視線の動きを抑えて、一点を見つめるようにしましょう。
また自分に自信が無いときには相手の目を見られなくなります。


堂々とした態度も、訓練次第。ある程度は慣れです。
面接の時や初対面の相手に緊張するのは当たり前です。
ある程度は、緊張感が伝わるほうが好感度も高いものですが、
基本は相手の目をしっかり見ることです。


違う自分を演じるなど、自分に暗示をかけてみてはいかがでしょうか。
自信のあるように見える目線とは、相手に対して少し視線が上向きで
あることです。


姿勢正しく、相手に対して正面を向き、あごを引いて相手の顔をみます。
どうしても視線をそらすときには、上下にゆっくりと。
横にそらす視線というのは、無意識に嫌悪感があったり、
拒否反応の現れだといわれています。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報