30代転職・トップへ戻る >  電話をかけるときの注意点

電話をかけるときの注意点

◆電話をかける


仕事内容についての問い合わせや面接の約束など、
たいていの場合は、いきなり会いに行っても受け付けられません。
まず、自分の知りたいことが何なのかをまとめた上で電話をします。


顔が見えない分、話し方の印象というのは、思った以上にイメージが
ふくらんでしまうので十分に注意しましょう。
相手が見えないから電話は苦手・・・と思っている人も多いでしょう。


しかし、こちらの印象が伝わるということは、逆に相手の会社の姿勢も
電話一本で分かるはずです。横柄な電話の態度では、就職後の自分の扱いも
見えたものでしょう。


失礼のないようにしっかり準備をしておくとともに、
こちらも相手の面接をするんだという気持ちで、しっかり応対しましょう。


◆次のものを用意します。


?@求人広告やネットなどの情報源
?A履歴書など、自分の経歴を的確に説明するための資料
?B筆記用具
?Cカレンダー・スケジュール帳


◆伝えなければいけないことをまとめておきましょう


?@応募しようとしている意思
?A自分の氏名、挨拶
?B質問事項
?C面接日時の約束
?D相手の名前の確認、挨拶


◆注意点


・時間
休み時間、始業就業間近は控えます。また明らかに就業後も失礼です。
一旦電話をして、担当者の都合を尋ねるようにします。


・電話の環境
求人情報などを見て、一刻も早く!というわけでない限り、
一旦自宅などに持ち帰り、よく検討した上で、なるべく静かで落ち着いた
ところから電話しましょう。電話番号を非通知にしておくと失礼です。


問い合わせだけといえども、堂々と此方の情報を残しても構わないくらいの
態度で臨んでください。


・担当者と話ができたら
まずはこちらの姓名と用件を話します。
「就職情報誌を見た」であるなど具体的に切り出し、
「今話す時間があるのか」確認します。


・問い合わせ内容のタブー
電話でもOKな内容なのか、直接聞かなければならないことなのかを
判断しておきましょう。職務内容や、応募資格などについては、
電話で確認しても大丈夫ですが、給与や待遇などは、
会社としても面接をして内定をだすかどうかという段階で
決まってくる内容なので、電話で返事することは出来ません。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報