30代転職・トップへ戻る >  応募連絡の方法

応募連絡の方法

◆応募連絡の方法
これと思い当たった職種が見つかったら、まずは早速問い合わせて見ましょう。
ハローワークなどの公共機関では、責任をもって仲介してくれるので、
自分で連絡する必要はありません。


相談に乗ってもらっていると、性格や状況など一回の面接では
わかり得ないことまでみてもらえるので安心です。
指定された日時に面接に行くこととなりますので連絡を待つだけです。


自分で仕入れた情報を頼りに就職活動を行う場合には、
自分で面接の予約をしなければいけません。
基本的にはある程度の社会人としてのキャリアを積んでいるとみなされる
年齢ですので、一般常識を試されていると思ってください。


分かっていることとはいえ、就職活動の基本をもう一度おさらいしてみましょう。


◆就職決定までの流れ
?@希望の職種、会社を探す(第二候補も探す)
?A連絡する
?B面接する

どうしても不安な場合はエージェントを活用する事をおすすめします。
転職サイトを利用する

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報