30代転職・トップへ戻る >  雇用保険

雇用保険

一般的に、職を失ったときに補償されるお金のことを
「失業保険」と言って通じますが、正式には雇用者が雇用保険法に
基づき雇用する人材に掛ける保険を雇用保険といい、
万が一のときに支払われるお金のことを給付金といいます。給付金には・・・


・失業給付
・教育訓練給付
・育児・介護休業給付
・高年齢雇用継続給付


従って、「雇用保険=失業保険」ではなく、失業のときに支払われる
金も雇用保険の一部分なのです。雇用保険の保険者は「国」、被保険者は
「労働者」です。


加入者は個人ですが、事業所と個人が掛け金を半分づつ出し合っており
(事業所の責任で半額は負担しているという解釈にもなりますね)、
その手続きや支払いなどの実務は事業所が行っています。


支払いする「国」の機関として、ハローワークがあります。
各市町村に設置されており、支払い業務のほか就職相談や斡旋、
雇用のための技能習得のサポートなど、職に関する
様々な業務を執り行っています。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報