30代転職・トップへ戻る >  解雇の正当な理由

解雇の正当な理由

労動基準法で、はっきりと不当解雇の理由として定められているのは、
労働災害を理由にした解雇、出産を理由とする解雇です。


しかしそれ以外に明確な規定がないので、事実上、事業所は何らかの理由を
つけて解雇することが可能です。それでは解雇を言い渡された従業員は理由が
理解できないので、労働基準法では・・・


・正当な理由がない解雇は無効である。
・労働者は解雇される前に理由の開示を請求できる。


これによって事業所は、解雇理由を立証しなければなりません。
また解雇できる正当な理由には、個人の能力の欠如も含まれますので、
理由を突き詰めた結果、自分の能力の欠如だとされてしまう可能性もあります。
また契約解除が難航し、法廷で争うこともあります。


ポイントは次のようなものです。


☆労働者の能力の欠如や低下
☆労働者の義務違反、不和、協調性の欠如、職務外の非行
☆経営の急激な悪化

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報