30代転職・トップへ戻る >  勧奨退職

勧奨退職

事業者からの勧めによって自分が納得して決める退職を勧奨退職といいます。
企業は大規模なリストラを行う前に、退職金の上乗せなどを提案して、
自己都合にもっていくように計画する場合があります。


会社都合ですと補償金などが発生しますが、あくまで勧奨とはいえ、
自分からの決断を迫る方法です。年齢や会社の業績を勘案して
勧奨の条件がよければ、定年退職前に好条件での転職先を見つけることもでき、
選択する人も多いといいます。


手続きやしなければならないことなどは自己都合退職と同じです。


注意点として、目の前に出された条件が良かったので、転職してみたのは良いが、
前の会社に居続けたほうがはるかに良かったという話もよく耳にします。
転職失敗とならないように、お金だけではなく、さまざまな視点から確認して
なるべく情報を集めるように心がけましょう


・・・といっても、人間関係の部分とかはどうしても入社してからで無いと、
難しいのですが。。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報