30代転職・トップへ戻る >  リストラと倒産

リストラと倒産

やむにやまれずという転職の一番多い理由です。
大型企業の倒産というのは一昔前ではあり得ないと思われていたものですが、
昨今いとも簡単に倒れるようになってしまいました。


今年に入ってから(2007年1月)、たった一ヶ月で負債額30億円以上の倒産は
すでに13件です。日常的に使用する「倒産」という言葉は、実は法律用語では
ありません。


経営に行き詰まり、弁済しなければならない債務が弁済できなくなった状態を
「倒産」といっています。倒産前には人材を整理して打開策を練る手段をとります
この人材整理のことをリストラといいます。


自分の意思とはどうにもならないところで、転職を迫られる人も
実に多くいるのです。


リストラとは?


リストラとは、英語のRestructuring(リストラチャネリング)の略です。
本来は再(Re)構築(structuring)という意味です。
事業規模や従業員数の増減には関係がなく、単に「組織の再構築」が
行われることをいいます。


しかし昨今での「リストラ」という言葉の意味は「組織の再構築」を行うために
「従業員を解雇」(特に整理解雇)することを指しています。


1990年初めに、バブル景気が崩壊して依頼、民間の企業に留まらず
公営の事業所でも積極的に人員整理をすることで、組織の建て直しを図り、
リストラという言葉が日本独自の首切りの意味として定着したのです。


しかし、人員整理が必ずしも業績の回復につながるわけではなく、
かえって社内のモチベーションが下がって業務に負担がきたすということも
考えられます。


今の社会は、たいてい成果主義ですから、短期間のうち成果の出せない企業が
生き残るのはとても難しいことなのです。そういう会社経営の方法については、
組織のトップが考えなければいけないことですが、今転職を考えているあなたは、
リストラに会うかもしれないという会社への危機感を抱いて、
経営状態を把握しなければいけません。


基本的には雇用されている側ですから、経営状態に異議を唱えたところで、
会社の方針と会わないものは、結局退職の道に進むことになってしまいます。


大きく反対してでも留まらなければならない特別な理由がないのでしたら、
その後の自分の人生のほうが大事なのですから、前向きに考えなければいけません。


会社の倒産について


会社の実際の経営状態がわかるような部署で働いていると、
経営の危機を身に感じることができるでしょう。


しかし、職種によっては、まったく倒産の予兆すら感じなかったという場合も
あるのかもしれません。小さな不祥事ひとつで大会社が潰れる時代です。
小さなことでも、怪しい気配を感じるアンテナを張っておきましょう。


だからといって、あまり会社の事情に悪影響を及ぼすような発言は慎むべきです。


・福利厚生に関する費用の削減や、厚生施設の閉鎖
・残業代、賞与のカット
・資産の売却
・賃金不払い
・経営陣の退職

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報