30代転職・トップへ戻る >  Uターン就職

Uターン就職

出身地に戻って就職することです。
現状の生活環境から離れた地域なので、活動そのものがとてもしにくい状態です。
インターネットや雑誌を取り寄せる、地元の知り合いに依頼するなど、
地元の情報を多く入手できるように工夫しなければなりません。


またそうそう何度も往復するわけにもいかないでしょうから、
長期休暇の時にまとめて面接をしてもらうなど、
こちらの事情を飲んでもらえるようにお願いしなければなりません。


Uターン就職のときには、必ず「なぜ帰ってくるのか?」という
理由を聞かれます。ただ帰りたいから・・・という理由では積極性に欠けます。
地方の企業であれ、移動の可能性もなくはないでしょうから、
出身地でなければいけない理由をいえなくてはなりません。


年齢がいきますと、実家の親の都合や、帰郷願望がつのるでしょうから、
地方の活性化にとっても不利益なことではありません。


しかし、都会でのキャリアを無駄にしないように、自己アピールしましょう。
またUターンと近い状況として、「Jターン」といわれます。
本当の出身地では就職先が見つからないこともありますが、
簡単に移動できる範囲の町での職を探すことです。

自分の出身地にどんな求人があるかは簡単に検索できます。
↓の大手求人サイトでも探せます。
DODA(デューダ)

親の面倒をみなければいけないが、やりたい職種が出身地では見つからない、
子供の学校のことを考えて、などの理由があります。


UJIターンとは?


UJIターンとは、都市圏で生活をしている人が、就職先を地方に決めて
生活の拠点を地方に移すことをいいます。


帰省や転機を求めてなど理由は様々ですが、生活の便利さよりも
理想を追い求める傾向があります。また過疎化対策などで各地方の自治体が、
地域活性化のために、または農村・魚村などでの労働力の確保のために
様々な政策をもっています。


人生の長さを字の形で表しており、それぞれU・J・Iといいます。


◆Uターン
出身地から、進学や就職のために都市圏に出た後、
出身地に戻って定住すること。

◆Jターン
出身地から、進学や就職のために都市圏に出た後、
出身地の近隣都市に定住すること。

◆Iターン
進学や就職のために都市圏に出た後、住みたい地域に移住すること。


Iターンについての詳しい説明


都市出身者が地方に移住することをいいます。
職業の内容よりも、生活環境重視に考えたときに健康に暮らしたい、
老後を田舎でのんびり暮したい、など田舎暮らしの魅力を求めています。


また「スローライフ」という生き方が流行っており、
メディアでも田舎暮らしの特集が多く、若年層にも夢を追い求めて
移住する人たちも多くいます。


農業や漁業が衰退して労働力不足の地方も多くあり、
各自治体がまずは体験として受け入れるなど、積極的に推進活動をしています。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報