30代転職・トップへ戻る >  体力が必要です

体力が必要です

就職活動とは非常に体力にいる仕事です。
毎年、早い時期から学生の就職活動の様子が報道されますが、
若者ですらいくつもの会社を自分の足で探しまわり、自分との相性のよい
企業を見つけなければいけません。


最就職となると、企業の求めるスキルがもっと具体的になってきますので、
自分に自信のある何かが無い限り、とても大変な活動です。
ヘッドハンティングなどでなければ、1社の応募で決まることは、
まず難しいでしょうし、そんな出会いがあれば運命なのかもしれませんね。


また現状の職務をこなしながら内々に転職活動するケースも多々あります。
社会人としての責任ある人でしたら、その職務に手を抜くことは許されませんし、
逆に自分が退職した後のことを考えても業務に支障がきたさないように
準備を進めるべきです。


新しい生活に踏み出す境目の時期というのは、そういう意味で常に緊張状態が続き
体力が消耗されます。体がつかれきっているときに、常に冷静な判断で
行動するのはとても難しいことです。


そのためにも体力の維持には気をつけ、強力なサポーターをつけなければ
いけません。特に家庭を持っている場合、必要以上に家族に不安を与えて
しまっても、結局疲れを増すばかり。


まずは味方になってもらわなければならないでしょう。


また、精神がつかれてしまって、いつの間にか企業側の条件に合わせて
妥協することになっては、転職の意味が変わってしまいます。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報