30代転職・トップへ戻る >  なぜ転職を考えているのか?

なぜ転職を考えているのか?

統計局発表の公的データでは、転職希望者の年齢別データは
取られていませんが、約600万人もの人が転職を考え、その30%ほどの人が
実際に転職活動をしています。


総労働者人口が約6600万人ですから、
公にしているだけでも9%、潜在的には10%以上もの人が現在の労働条件に
たいして不満を抱いていることがわかります。

しかし、その理由を聞いてみたとき、20代の若者と40代の既にサラリーマン
としてのキャリアを積んだ方では、全く答えが違ってくるはずです。
人によっても、理由はさまざまでしょう。


また理由なんて、ひとつだけとは限りません。
結婚も離婚も、引越しでも、いくつもの事情が重なるように、
転職の理由も様々な事情が重なってのことでしょう。


いくつあったとしても、その理由がキチンと整理できている人というのは、
現実に向き合っているということです。


また、いくつかの理由を無理やりにでも見つけ出し、
自分や周りを納得させているのではないでしょうか?
残念ながら、どうしても今の会社では駄目だ・・・
から入る転職活動もあるでしょう。


しかしポジティブ思考で生きていくほうが健康的ですから、
自分のキャリアアップにつながるように前向きに考えていかなければなりません。
大事なことは、転職することで、今抱えている問題が解決するのか?
ということです。


本当のところは、思いつきだったり、予感だったり、あるいは理由が分からない
ことがあるのかもしれません。社会に飲み込まれず自分の足で生きていけるように
しっかり考えてみましょう。

30歳を超えてからの転職って・・・正直コワイ

同じ転職でも20代と30代で全く別モノ感じるヒトは多いです。
なぜならば「30代からの転職は難しい」という強いマイナスイメージを
持っているからです。


「転職したら給料が下がるのではないのか?」
「家族がいるのに迷惑をかけるかも・・・」
「次の会社でも上手くいかないんじゃないのか?」


そんなヒトには転職コンサルタントのアドバイスを受けることができる
無料の転職支援サービスがオススメです。

パソナキャリアの無料転職支援サービスはコチラ


パソナキャリア
30代からの転職
転職の理由
退職の種類
解雇について
転職前の準備
情報収集
企業への応募連絡の方法
面接のアドバイス
履歴書・職務経歴書
業界の動向
運営者情報